募集要項・エントリー

ウェディングプランナー 加藤 航

日本トップの
サービスマンになりたい!

ウェディングプランナー

加藤 航 2016年入社

幼いころからサービスの仕事に憧れていたぼくの夢は、「日本一の結婚式場で、トップのサービスマンになること」です。それを実現できるのは、日々スタッフ同士がインスパイアし合って、会社もどんどん成長している、ジ・オリエンタルテラスしかないと思ってます。

「日本一の結婚式場にしたい」そう思える素晴らしさがあります

夢がホテルマンからプランナーになった感動体験

 今はウェディングプランナーとして働いていますが、本当はずっとホテルマンに憧れていました。幼いころ、父がホテルで働いている姿を見て、カッコイイなと感じていたので。夢が変わったきっかけは、専門学生のときにアルバイトしていたホテルでブライダルに携わったことです。初めてサービスとして入った日の、新郎新婦やいろんな人々の思いが詰まった感動は、今も忘れられません。それからこの業界への思いが強くなって、どうせやるなら自分が誇りを持って働ける環境でやりたいと思っていたところ、ジ・オリエンタルテラスに出逢いました。日本建築の最高峰の技術が施された披露宴会場。おいしい料理。そして何よりの決め手は、責任者の言葉です。「ジ・オリエンタルテラスがあるから浜松に来よう、と思ってもらえるような、町の価値を“上げ続ける”会社にしたいと思っている。そして浜松のよさを、世界に発信していきたい」。それを聞いて本当にワクワクして、ぼくもその一員としてがんばっていこうと決めたんです。

ブライダルの仕事でしか得られない、
最高のよろこび

 プランナーをしていると、この仕事をしていてよかったな、と思えることがすごくたくさんあります。打ち合わせ中に「はじめはどうなるか不安でしたけど、だんだんイメージが沸いてきて楽しみになってきました」とか、当日に「緊張してます。でも、加藤さんがいるので安心です」とか、いつもうれしい言葉をもらえます。披露宴が終わっても逢いに来てくださる方もいれば、今でもメールのやり取りがあるお客様もいたり、サプライズで私宛に感謝の手紙をもらったり。つい先日も、新郎の方が釣り好きなので、披露宴でおふたりが釣り竿でケーキを釣り上げる演出をしたんです。とても楽しんでいただけたみたいで、終わった後に新郎さんが「これあげるので、今度いっしょに釣りに行きましょう」と言って釣り竿をくださって。本当にうれしかったです。
一生に一度のおふたりの大切な日をお手伝いさせていただいた上に、結婚式の後にもお付き合いが続く。それって、最高ですよね。まちがいなく、プランナーの仕事をしていなければ得られないよろこびだと思います。

一流を知るための贅沢な研修と、
チャレンジできる環境

 ジ・オリエンタルテラスに入社して正解だったと言えることはいろいろありますけど、2つだけ紹介します。1つは、「一流は一流から生まれる」という上司の考えがあって、それを実際に体験として学べるところです。研修ではブライダルチーム全員で、国賓が泊まるような超有名ホテルやレストランなどいろいろな場所へ連れて行ってもらい、一流の店のおもてなしを勉強させてもらえます。自分たちが一流であるために、まずは一流を知る。その貴重な経験を、今から入ってくるスタッフにもぜひしてもらいたいです。
もう1つは、手を上げればどんどんチャレンジさせてくれること。ぼくがサービススタッフからプランナーになったのも、自分から「サービスもできて、プランニングもできて、新規接客もできる。そういうチカラのある人間になりたい」と上司に伝えたら、「それならプランナーを任せる」と言ってくださって。そんな会社ですので、とにかく自分を磨きたい人や、上を目指したい人にはとてもいい環境です。僕の夢は、日本一の結婚式場でトップのスタッフとして輝くこと。それを実現するのはもちろん、ジ・オリエンタルテラスしかないと思っています。