募集要項・エントリー

統括ダイレクター 北野 圭佑

歴史上に残る
偉人を目指す!

統括ダイレクター

北野 圭佑 2017年入社

なんとなくですけどね(笑)。歴史上の人物ってすごいじゃないですか。そのために常に自分のステップアップにつながる職場でしか働かないと決めていますが、ハッキリ言ってジ・オリエンタルテラスは、一生輝いていられると思える会社です。

“全国を渡り歩いて、ようやく「ずっといたい」場所を見つけた”

未来へ成長していくポテンシャルの高さ

 東京、大阪、熊本、沖縄と、全国の有名ホテルやレストランで経験を積んできましたが、ジ・オリエンタルテラスには「ずっとここでやっていこう」と思えるポテンシャルの高さ感じました。150年以上つづく伝統を持ちながら、オーナーはとても謙虚で「革新しつづけることが、会社の歴史です」と話してくれます。その姿勢があるからこそ、この会社はこれからも成長していくだろうと確信を持てました。また、上司は「訪れる人、関わる人、働く人が豊かになって、街の価値を上げることが夢」だと、入社前に語ってくれました。浜松は田舎だからとあきらめるんじゃなく、田舎だからこそできることがあると。飲食業で美味しい料理を出そうとか、お客様に満足してもらおうとかはよく聞きますが、そこまで考えている人はなかなかいません。それは本当に素晴らしいことですし、一緒に追いかけたい夢だなと思いました。料理も抜群においしくて、一つ星くらいは確実に取れるとぼくは思っています。そういったものをひっくるめて、素直にここで働きたいと思えたのが、入社のきっかけです。

すべてに神経を注ぐ
長く愛される店をつくりたいから

 ぼくが浜松に魅力を感じた理由がもう一つあって、流行り廃りに関係なく、その土地に根付いて長く残るいい店、地域に愛される店をつくるには、都会よりもこういう土地の方がいいだろうと思ったんです。そしてこの店ならそれが実現できるだろうと。事実、もう長い歴史がありますしね。
仕事の上での行動指針は3S。スマイル、スマート、スピーディー。こっちが笑顔でいれば、相手もにこやかになるミラーリング効果もあるので、いつもスマイルは欠かさないようにしています。それからお客様の晴れの日のお手伝いをする仕事なので、やっぱりスマートさも大切ですよね。身だしなみ、姿勢、所作には指先まで神経を注いでいます。スピーディーはただ速くやるのではなく、その場に合わせた状況判断。ご高齢のお客様に合わせてゆっくり歩くのも、一種のスピーディーです。個人的には、全部署に毎朝あいさつに行くのは欠かさないよう心掛けていますね。あとはスタッフを招いて、ハロウィーンのホームパーティーやったりとか(笑)。困ったらいつでも相談してほしいし、自分からも声をかけるように日々努めています。

30年後でもキラキラしながら、
成長しつづけると思える

 世の中がどんなに発展しても、人が人をもてなすという文化だけは、絶対になくならないでしょう。だからやりがいが尽きることなんてありませんよ。これから入社してくる人に伝えたいのは、いつもチャレンジ精神を持ちつづけて、仕事に取り組んでほしいということ。それと、好奇心旺盛なほうが、単純に楽しと思いますよ。飲食業だからといって、飲食だけにとらわれずに、たとえば本を沢山読んで新しい発見をするのもいいし、映画館に行って感動するのもいいし、美術館で感性を磨くのもいい。そういったものがトータルして自分の経験になっていくので、それをしっかり仕事で表現してほしいなと思います。
ぼくは自分の成長につながる転職しかしないと決めていましたが、実際にこの目で見て、話しを聞いて、ジ・オリエンタルテラスならもっともっと成長していけるなと感じましたし、30年後でも自分がキラキラしながら挑戦しつづけていられるだろうなってイメージできました。オーナーをはじめスタッフもみんな勉強熱心で、探求心がありますよ。そんな環境で働きたい、向上心のある人を待っています。