募集要項・エントリー

サービススタッフ 望月 尚子

生涯をかけて
“おもてなし”を極める

サービススタッフ

望月 尚子 2015年入社

スタッフを引っ張れる人になろうとか、ソムリエの資格を取ろうとか、いろいろ目標がありますが、すべては一生をかけてサービスを極めたいという思いがあるから。よろこび、楽しみ、おどろき、いろんな感動を与えられるおもてなしができるようになりたいです。

老舗だけどとってもフレッシュ、いつも新しい風が刺激をくれます

第一印象から、フレキシブルな対応にビックリ

 前の会社でもサービスをしていたんですが、マニュアル通りの業務内容にものたりなさを感じていました。お客様のテンションはそのときどきで変わるので、こまかなコミュニケーションやフレキシブルにおもてなしする姿勢を大切にしたいと、どこかで思っていたんですね。「もっと想像力を生かせる職場で働きたい」と転職を考え、非日常のシアワセが詰まったブライダルに魅力を感じていたところ、たまたま見つけたのがジ・オリエンタルテラスでした。採用試験を受けてみると、ほかの会社では決まりきった質問事項ばかりだったのに、趣味とかパーソナルな部分を聞いてくれるお話ばかりで、とてもおどろきました。本当に人となりを見てくれているんだなと感じて、面接自体が楽しかったです。常識的には、ブライダルもこのお店もくわしく知らなかった私が採用されるはずがないのに、こんなに楽しい仕事をするきっかけを与えてくれた、偏った価値観にとらわれない上司に感謝しています。

価値観は人それぞれ
はじめて気づいたサービスのあり方

 入社して数年、現場をサポートするポジションに入ることが多くなりましたが、やっぱりいちばん楽しいのは、お客様の前に立つときです。料理についてご案内したり、逆に教えていただいたり、うれしいときもあれば、反省するときもあって、ジ・オリエンタルテラスでの毎日は、一般的にある「仕事」の堅苦しいイメージを払拭してくれるほど得るものがたくさんあります。
入社して間もないころは、「こうじゃなきゃいけない」と勝手な固定観念があって、思い通りにいかないのがフラストレーションでした。それを解きほぐしてくれたのは、一緒にいるスタッフたちとお客様です。すこしずつコミュニケーションをとる頻度が増えて、案外、人の声を聞き入れた方が新しい発見があるんだな、上司が面接で示してくれたように、枠にとらわれちゃいけないんだなと、柔軟な発想がもてるようになりました。いつも心掛けているのは、身の回りを整えること。段取りをきちんとしておくと、いざというときいろんなことに気持ちを回せるし、もっといいアクションがとれる。ほかの人をカバーできる余裕が持てるよう、気を配っています。

リスペクトできるスタッフたちと働く

 ジ・オリエンタルテラスは150年以上つづく伝統をもっているので「老舗」的な先入観を持たれがちですが、新人からベテランまでスタッフみんながハツラツとしていて、私より年上の人でもフレッシュな印象を受けますよ。どんどん新しい風を取り入れて、すごく目まぐるしくいろんなことが改善されていきます。若い人にとっても、いい意味でかなり刺激的な職場だと感じるんじゃないでしょうか。
社会人としてキャリアを重ね、ここに入社してからも3年が経ちましたが、まだまだ自分はスタートラインに立ったばかりと思えるくらい、会社には仕事的にも人間的にも「すごいな」とリスペクトできる人たちがたくさんいます。そんな人たちから頼りにされて、何でも任せてもらえる存在になるのが今の目標ですね。ふとしたきっかけで転職してブライダルに携わるようになりましたが、私はこの仕事を一生つづけていきたいと思っているんですよ。人をよろこばせたり、楽しませたり、おどろかせたりするのが好きなので、生活と“おもてなし”が自然と一体となっているサービスの仕事には、それぐらいの価値があると感じています。